自分の事が嫌いで人の目ばかり気にしていたけど

   これでいいんだって少しずつおもえるようになりました。
  

あたしって傲慢!

{35D28D38-1289-4F3C-8513-A71F242CE036:01}



ほんとにほんとに大きなことに気づけた。

今日のクラスでね、質問をしたの。

私の妹は頚椎を損傷し大変な日々を過ごしたのね。

今でこそ普通に見えるけど

でも、常に強い痺れがあり

握力もない状態…

そんな妹をなんとかしたくて私は東洋医学を知りエネルギーの世界を知ったのだけど。

そう、なんとかしたかったのです…

これって愛だと思ってたけど

実はコントロールなんだなとやっとやっと本当の意味で気付けた。

質問は、もう治ることを諦めてしまった妹にこのプロセスをすることは有効かどうか。
(ここに至るまではたくさんの治療を試したの)

私の中では口では諦めていても身体はこのプロセスを欲してるんではないか?と思ったから。
身体は治りたいと思ってんじゃないの?と思ったの。

反対に変わりたい変わりたいといっていても本当は変わりたくない場合もあるので逆はどうなんだろうと思ったのです。

でもね、この質問こそが間違えでした。
だってこの質問の根底は治したいからやってあげたい…だったから。

そう、全く対等でもないし治すというコントロール、そして妹の今を認めてない。

そしてジャッジまでしてた。

このままじゃダメ!

今のままじゃ可哀想って…


でもね、それもういらない。

妹はどんな妹でもいい。

だからバディプロセスを受けたいと思う日が来たらその時、させてもらおうと思う。


人が人を治すなんてできない、自分が治すって決めるから治せるんだよね。

そんなこと理解してる、知ってるって思ってたけど実はわかってなかった。

近い関係だからこそ、なんとかしたいって思ってしまうのは当たり前だと思ってた…

なんて勝手でなんて傲慢だったんだろう。

気づけてよかった。







アクセス・バーズ®セミナーのお申込みはこちら
セッションのお申し込みはこちら