自分の事が嫌いで人の目ばかり気にしていたけど、

これでいいんだって少しずつおもえるようになりました。

ボディプロセス 『死の呼び出し』

『死の呼び出し』

 

人が死を拒絶しているところ

人生の中に死を招き入れているところ

を変化させるプロセス

 

人はみな生きた瞬間から死に向かって生きていると言っても過言ではありません。

もし死が誤りではないとしたら?

もし死が誤りでないのなら、どんな選択が可能になる?

もし、生きた屍のようにして人生の時間を過ごさないとしたらどんな風に本当の人生が選べるだろう?

その可能性に気づいていきます。

そして死というテーマで制限がかかっているところを解き放っていきます